FC2ブログ
2009-06-12 21:25 | カテゴリ:NORIYUKI MAKIHARA LONG DISTANCE DELIVERY TOUR 2009
ではでは、アンコール編行きたいと思います


鳴りやまない拍手とマッキーコール・・・
私はもちろんアンコールをする立場にいるのですが、あの状況って、マッキーサイドから見たらどんな感じなんでしょうか?
私だったら、泣くほど嬉しいなぁ・・・

マッキーとバンドメンバーさんを舞台裏から引き戻したい一心で・・・
一心不乱に拍手&コールをやっていた気がします

エンドロールが流れ、マッキー・バンドメンバーさん・スタッフさん・各地の提供etc・・・
最後にLONG DISTANCE DELIVERY TOURのロゴが映し出されます。
結構参加してきた私の傾向と対策によれば・・・(?)
マッキーコールの声が多い場合、マッキーが舞台に戻ってくるのが早い
拍手だけの場合やコールが少ないと出てくるのが遅かったようです。
たぶん、マッキーが出るのをコントロールしていたのではなく、時間的余裕だと思うんですけどねぇ。
出てくるのが遅い時は、じらし好きねぇ~マッキーったらと思っていましたvvv

マッキーが舞台袖から、すごく嬉しそうな表情で走ってくる
その姿を会場のファンの皆さんが確認した瞬間、鳴りやまない拍手は倍以上の拍手の渦
さすが、マッキー
みんなの気持ち上げ上手
会場全体に挨拶をし、拍手が落ち着いたところで、マッキーは話し始めます

【MC】魔法にかかったコンサート&魔法にかかった日常
Circle of Rainbow
にゃは~
よくこの歌をマッキーが歌っていると、私のことを知っている人たちは「よかったね!」的な視線と肘タックル(?)をしてきます。
”朝陽”って文字が出てくるからです
って、まあ、マッキー的には別に私のことを歌ってくれているはずはないのですが・・・
勝手に私とマッキーのLOVE SONGだと日々ニヤけていたのは・・・私です
これはマッキーとケンちゃんのお散歩風景がそのまま歌になったんですよね~
ケンちゃんが教えてくれた奇跡
まさに、コンサートのアンコールにピッタリだなぁ
コンサートの時間だけが、幸せだと思いがちだけど、この歌のおかげで、日常に戻っても頑張れそうな気がしてました。
Circle of Rainbowを歌うマッキー、テンション高いですよねぇ
1番は横揺れのまま、しっとり終わって、2番からですよね!!
”エッエッオ エッエッオ”の掛け声と途中に流れるAnywhereに合わせる”♪ラララ~”
みんなが歌えるように誘導するため、マッキーが一生懸命なのと、途中めっちゃ行進して、最後は曲に合わせて、テンポアップ
この曲は”ルームランナー”ってマッキーが言ってたけど、確かに時々マッキーはマジで疲れてたっス
時々、嘘っぽく疲れてた時もあったでしょぉ(笑)
私の眼はごまかせませぬよvv敬之さん
でも、一緒に参加できるところがたくさんある曲だから、私はCircle of Rainbow大好き
♪エッエッオ~も♪ラララ~もめっちゃ歌いましたからね~
ただ、さすがに難しいのか、マッキーも誘導するの大変そうでした。
「勝手に歌っちゃっていいよ~!!」とか「声が低い人は・・・(低く歌う)」とか一生懸命だったなぁ
槇原敬之先生の音楽教室みたいな感じもあったね
あとあと!演出がこれまた最高
最後のほうで虹がかかるようにライトで会場が照らされるんですよね
すごく綺麗だった・・・。
奇跡の虹とマッキーの奇跡のような美しい歌声が会場全体を包み
表現しようのない奇跡空間になっていたなぁと思います
すごく、テンション上がる曲なのに、時々泣けて止まらなかった・・・・・・

The Average Man Keeps Walking
ツアー終盤になってからだと思うんだけど、曲が始まる前
マッキーが後ろを向いて、♪1・2・3・4!!!!!!って言うんだけど、あれ、めっちゃ上がる!!!
私たち(姉と私)が一番好きなこの曲。
ってか、これまでのレポで好きって、どんだけ言ってきただろう
ともかく!!!
どれの曲も全部大好き!!好きなんです
マッキーは最後の最後にいい曲を持ってきたなぁと思います。
コンサートって、やっぱり終わるとブルーになる
明日の仕事とか・・・もうマッキーに逢えないとか
でも、その気持ちを全部吹き飛ばしてくれるような素敵な曲
どんなにモチベーションが下がってても、The Average Man Keeps Walkingを聴けば
「明日、頑張ってみよう♪」そう思います
そうだよね!!だって、マッキー、この曲は日曜日の憂鬱を吹き消すように作ったんだもんね
だから、本当に本当にこの曲を最後に持ってきてくれたおかげで、いつも笑顔で帰れました。
そして、口ずさみながら・・・
姉と行ったときなんて、本当にうるさかったですよ~
だって、2人でThe Average Man Keeps Walking歌いまくってましたから♪
しかも、バックコーラス付き
♪人生が(ぅをぉう!)←何気にここが一番好きですvvv分かりますか?
マッキーの動きがコミカルすぎたのもこの歌だったかもな~。
舞台の端から端に手を振って回るんだけど、センターに戻る時の動きとかがすごく可愛かった!!
そそ!!あと、最後の豪太さんのドラムが盛り上がった後のジャンプ
あれも大好き~~~~~!!!!!!一緒に飛び跳ねてましたvvv
歌の途中はバンドメンバーさんがピョンピョン飛び跳ねてさ~
会場のみんながすごく楽しそうで・・・心から幸せそうで・・・
あぁ・・・想像したら、胸がドキドキしちゃう!!!!!
はぁ~・・・本当に楽しかったなぁ

初めの公演(私の記憶では4/14名古屋公演まで)は、バンドメンバーさんがみんな前に出てきて、マッキーを真ん中に手をつないで、会場にお辞儀
4/15名古屋公演からはみんなでお辞儀はなくなりました・・・時間の都合かな?
バンドメンバーさんは思い思いの動きで舞台裏へ。
ゆ~らゆら海藻のように動く姿が可愛かったですねぇ~!!
4/14の名古屋公演はみんながみんな投げキッスしてました
それを笑いながら拍手で見送るマッキー。
最後、舞台に残されたマッキーに会場から惜しみない拍手とマッキーコールが送られ・・・
割れんばかりの拍手とコールに深く深くお辞儀をするマッキーは印象的でした
何度も何度もお辞儀をして、マッキーは何をするかと思いきや・・・
人差し指を口の前に持ってきて”しーっ”
あの拍手とコールで溢れかえってた会場が無音になる一瞬。
そのあと、恒例のマッキーからの愛の挨拶
あの瞬間がいつも大好きです・・・。
マッキー、本当にありがとう・・・・・・・・・。
本当に本当にありがとう!!!!!!!!!!


ここまでで、5/6東京公演までは終了。
5/7東京公演から始まったWアンコール編・沖縄最終編はまた後日ということで

2009-06-10 00:15 | カテゴリ:NORIYUKI MAKIHARA LONG DISTANCE DELIVERY TOUR 2009
休憩はあっという間の15分
舞台のマッキーイス(台?)のライトが消されて、舞台には暗幕があるのですが、それに向かってライトが当たっています。
マッキーが舞台に来るのを見えないようにする演出だと思うんですが、それをかいくぐって見てたんだけど・・・
・・・・・・・あんまり見えませんでした
ん~~~!どこの場所だったかは忘れたけど、マッキーが見えないようにマッキー自身にカバーかけてたところもあったよぉ~。
マッキー、頑丈に守られております(笑)
そんな感じで、今か今かと待ちわびた2部
始まりでございま~~~す

Orange Colored Sky
この始まりが一番不明だったんですけど・・・(笑)でも好きでした
初めの方は手を上にあげて、手のひらを天井に向けて・・・って分かるかな?
ドラゴンボール見たことある人なら、悟空の元気玉のポーズです(分かる?)
なんで、こんなポーズなんだろうと思いながらも、同じ格好をしていた私。
ある日、このポーズが浸透してきたところで、客席がちらほらやり始めたんですよ。まだ曲が始まらないうちから・・・
マッキー、ポーズ変えないかなぁと思ったら、その日から変え始めた(笑)
変え始めたのは4/28静岡公演。ボディービルダーみたいな恰好でした
5/3広島はサルポーズ(これあると思った!)5/6・7東京はボディービル風。5/9郡山酔拳風。
5/13仙台招き猫風。5/14仙台これが一番ウケた!観音ポーズから工藤静香(笑)
5/25鹿児島Why?風。5/30沖縄ハブ風?。5/31沖縄招き猫風。
って・・・なんかポージングで話終わりそうなんですけど?
ともかく!!マッキーがどんな格好で出てくるのかが楽しみで、しかもその格好をまねるのが楽しみでした
これは私の記憶が微妙なんだけど
4/19東京から、Orange Colored Skyが始まって、暗幕が上がる時
「2部の始まりですぅぅぅう!!!!!」って、めっちゃテンション高く始めるようになった気がします
この歌のマッキーもかっこいいんだよねぇ~
私的には萌え度高い曲のうちの一つでございました。
マッキー、ごちそうさまでした(食べるな!!)

【MC】ジョンさんの話
(4/15名古屋までは着席させて話す。4/18東京からピンスポで短縮。4/28静岡からはナレーションのみ)

Hey...
Hey...は、このコンサートで一番変わった曲かもしれません。演出が3回くらい変化しました。
上にさらっと書きましたが、名古屋公演まではいったん、着席させて、ジョンさんの話をじっくりしていました。
それから曲が始まるんですが、拍手をする人はまばら・時々は立ったりする人もちらほら・・・
ノリ方が難しかったんですよね~
どうも、マッキー的にはクラップ付きでノッてほしい様子だったんですけど
しんみりさせたくなかったのかな?たぶんそんな感じがする。
名古屋までは、歌前のMCがあまりにもじーんとしすぎて
立てないし、拍手なんて出来なかった・・・祈ることしかできませんでした。
たぶん、マッキー的に名古屋は一区切りつけるとこだったのかなぁと思います・・・。ジョンさんが住んでいた街だったし。
だからそのあとからの公演は短絡バージョンになったのかな?
着席させず、そのままの状態で、マッキーにだけスポットが当たり
”大切な友達を失くしたこと””僕たちは神様の子で死んだら行く場所は天国だってこと””神様の子だと思えば、これからの行動を気をつけることができるってこと”ポイントのみを話したあと、歌にすーっと入るパターンでした。
これなら、ちょっと、のることできてたんですけど・・・
3パターン目のナレーションバージョンこれは、ヤバいっすよ。。。
電話をかけてもつながらない音から
マッキーの声でのナレーション・・・。しかもちょっと電話越しみたいな感じの声から
真夜中にそっと送られてくるメールのように・・・ってとこからクリアになって・・・
最後、電話のツーツーツーって音で終わるんです言っていい?マッキー・・・・・・・・・・・・
あの演出は、絶対ヤバいよ・・・泣けてたまらなかった。
クラップとかできないくらいに泣けてしまいました
ジョンさんへのマッキーの気持ちが詰め込められて、私たちの心を揺さぶる名曲です。
(って、歌の感想少なくない?????)

LOTUS IN THE DIRT
Hey...とは打って変わって、明るく持って行きますねぇ
え~マッキー・・・無理だよぉと思うこともありましたが、サビに入るくらいから、徐々にテンション
あ~そうそう
どういう心境で、マッキーがこれを選んだのかちょっと聞いてみたい②です。
でも、私この歌好きだからvvvっていうか勝手に自分の歌ってことにしております。
この歌の主人公、マジで私っぽいんですもん
言うこときく犬を必要以上に叱った。自分の中に真っ黒い泥が詰まっていると知った~。
(↑なんか違います。間違い探し
これもPLEASUREと一緒でかっこいいマッキーなんすよぉぉぉ。
なんかね、こんな感じのメッセージ性の強い曲を歌うマッキーって、すごくかっこいい!!
あと、演出とライトの具合もそのかっこよさを引き立てる
♪みんなそんなもんだよ~のところ、マッキーの後ろからライトが当たるんだけど、そのライトとは違うタイミングでマッキーが躍るんですよね
あれがさ~~~~~~も~~~~~~マッキー!!最高!!!!!
♪白い蓮が咲いてた~のとこの振り付けも好き
めっちゃ力強く蓮が咲く様子を見せる仕草にキューーーン
♪真っ黒い心の中目を凝らしたら~のとこで外国人さんの目がマッキーを照らすんだけど、あれちょっと怖かったねぇ。
でも、全体的にはぐっと心を掴んでくるんで、最後にはマッキー最高!とかかっこいい!!とか叫んでたっすね。
マジで、マッキー最高やったしぃ~萌えました

つま先立ちで(笑)
言っていいですか?(笑)・・・・・笑えません。つま先立ちで(苦笑)ですわ!!
これでも、昔は普通のノリだったと思うんだけど、いつのまにやら、普通のノリではなくなっていました
恥ずかしい……。
コンサートの恥はかき捨てですから(?)、そんな感じで、めっちゃ盛り上がってました(自分が)
ちょっと、周りにも迷惑かけてたかもなぁ・・・近くの席&特に隣になった人申し訳ございません
しかも・・・盛り上がりすぎて、マッキーのことあんまり覚えてないんです。(ヒドイ。)
でも、マッキーが一番見てくれてたかもしんない(ハイハイ・・・。)YEAH!!とかね
かろうじて覚えているのは、秋山さんがいろんな格好していろんな場所から出てきてたこと。
秋山さんって、本当にお茶目っすねぇ
5/9郡山公演では舞台左端から出てきて、石成さんに扮した秋山さんがスタッフさんの誰かが扮した女性と抱きついたり、イチャイチャしてるのだったんですけど、私、そのとき最前で見ましたvvv
なぜか女性役の人が、私を見てびくっとしてたような・・・?
私はその二人をスクープするように写真撮る格好をしましたけど(笑)
あんな近くで見れて良かったなぁ~
時には頭にう○こを乗せて、全身タイツとか観客に紛れたり、石成さん全員集合とか、Tomi Yoさんにラブレター持ってきて迫ってみたり、客席から舞台に上がろうとして、スタッフから取り押さえられたり
舞台のスクリーンの上に出てきたり、2階席に行ってみたり
あれは、本当に楽しみの一つでした
でも・・・・・・自分的にはあまりにも面白すぎて、つらくな~い?・・・マッキー、つらかったよ(笑)
時々酸欠&はしゃぎすぎてクラクラで、三途の川が見えかけてました
よかった・・・最後まで生きて(笑)
そうだ!!マッキーが5月の会報で「つらくな~い?」と「つらっくつらくつらつらっくな~い?」これ言って欲しいって書いてたけど
私はちゃんと言ってたよ!!もちろん、初日から
すごく得意だったのに、最終日だけあまりにも楽しすぎて、最初の”つらくな~い”を間違えた・・・。
あれだけは・・・・・・誤算・・・というか反省点です
でも、本当にはじけた~上がった~すごく楽しかった~!!!!!!マッキーありがとう
またやろうね!!!!!!

GREEN DAYS
・・・マッキー、私を殺す気ですか?
すいません・・・言い過ぎました。でも本当にこの時間も三途の川見えてたんだもん・・・。
つま先立ちで(笑)からGREEN DAYSのつながりは死のゾーンと私と姉は言っていました。
本当に楽しすぎて、テンションあがって
フラフラ・ドキドキ・めちゃくちゃ
むちゃ壊れたんですけど・・・。死ぬかと思った・・・。
でもコンサート会場で倒れて、マッキーに迷惑はかけちゃいけないと踏ん張っていました。
♪よかった この世界は捨てたものじゃないと~のところ
ぱん・ぱ・ぱん(右手こぶし上げる)のクラップ→どんなときも。の♪あの泥だらけのスニーカーじゃ~のとこでもするクラップです。
私は、GREEN DAYS昔からこのクラップしてたんですよ。
むか~し・むかし、auの公開ラジオでやったら、マッキーもやってくれたんで、ずっとやり続けてた。
マッキーも時々はやってたんだけど、今回は初日からほとんどやってなくて、それでも私は負けじと盛り上がってたんです。
ある日・・・X‐DAYは突如やってきました。
5/7東京。なんか会場内も知らぬ間に、浸透してたみたいで、マッキーもやり始めて
それからは、マッキーが率先してやるようになりました。
マッキーが率先してやり始めてからは・・・ますます壊れました
正直、GREEN DAYSは楽しかった。そのイメージしかない(笑)
あと、マッキーが♪青春と呼ぶのだろう~のところでこぶしを上げるのが可愛かったなぁ
一緒にこぶし上げまくってました。
これも会場全体に広まっていきましたね
みんなが一体になれる曲の一つなので、GREEN DAYSは大好き
少しどころかすごく汗ばんだTシャツなんですけど、マッキーと抱き合い肩を叩いてみたいですねぇ

僕の今いる夜は
死のゾーンを抜けて、ちょっと一息抜くこの時間。
ある意味私にとったら、癒しゾーン(笑)
っていうか、マッキーのコンサートでここまで壊れてるのおかしくないか???
この曲のノリもちょっと難しいですよね~。
私的にも最後の最後までノリ方が統一できなかったかも
クラップのやり方とかも色々あるからね~
みんなそれぞれのノリ方で楽しめる曲ではありました
なんか、マッキーからの手紙がみんなに届く感じで
サビのところで、マッキーが左手を会場全体にむかって、大きく広げるんですけど、あの姿が今でも目に残っています。
あと、♪窓の外を見上げた~のところ、後ろを向いて、スクリーンを窓のように見つめるマッキー
あれも可愛かったなぁ
この曲って、最後の方で歌が重なるところがあるじゃないですか?
(幸せはタイヤを穿いてやってくるもあるんですよ。これも同じく、初めのほうの会場では煽ってたけど、後半の会場では煽らなくなってしまった・・・私は歌ってたんだけどなぁ。)
初めはマッキー、客席に向かってマイクを向けたり、耳に手を当てて、歌って~♪みたいな感じだったんだけど
あんまり声が聞こえなかったのかなぁ・・・
残念ながら、最後の方はしなくなってしました。
ちなみに私は、市原初日からいつも歌ってました。
私の声はマッキーに届いたかなぁ・・・届いてるといいなぁ・・・

世界に一つだけの花
泣く子も黙る名曲が来ましたねぇ
・・・もういいんじゃね?とか言ったことがあったと思うんだけど・・・
マッキーはそれを一括するように「この歌の意味が分かるまで、僕はずっと歌い続ける!!」そう言ってた。
おう!!!!!!!!!歌い続けよう!!!!!!!!!
マッキーが歌い続けて、私はそれを聴き続ける
やっぱり、世界に一つだけの花が流れると客席全体がわ~っと盛り上がりますよね
みんなが待ってました!!そんな感じがありました。
2階席とか3階席では”立たないでください”っていう張り紙とかがあったり、斜面だから立つと危険だったりして立てない状況のとこが多かったり、全体が立たない雰囲気になってしまって、立てなかったりするんだけど
このときばかりは立って、盛り上がってる人が多かったですもんね!!
スクリーンには会場側が映し出され、みんな楽しそうな顔をしてましたねぇ
サビの振りは、マッキーいつからか踊れるようになってた。
でも・・・あ・・・ここで言っていいかなぁ。
いいか!!マッキー見てないから!!
マッキー・・・振り間違えてたんだよね(笑)そんなところも可愛いからいいの
あれを槇原ヴァージョンとしましょう
4/4新潟公演は感動的でしたね~
どなたかが中心となり、ピンクの紙を会場全員分準備して、世界に一つだけの花の最後の♪ラララ~部分で紙を振るっていうサプライズを考えたてたんです
私は会場入りが遅くて、紙もらえなかったという・・・(ガーーーーン
でも、マッキーはすごく喜んでた!!!!!新潟の協力体制っていうか団結力すごいよね!!

Firefly~僕は生きている
今までのノリノリ感を包み込みこむ・・・。
私はこの曲は号泣ソングでした
ほぼ、全公演で泣いてた気がします・・・・・・・。
今まで汗かいてたのに、次は涙かよ!!
もう体から出る水はない。そのくらいなのに、湧きあがる感動の涙は枯れることはなかったですね
マッキーが会報だったかな?この曲を歌うときは背筋が伸びるって言ってたんだけど、私もそれ分かる。
何と言うか、この曲だけで生きる希望を見いだせるんです
何の役にも立たないような自分でさえも生きてていいのかな?って生きる勇気をもらえるんですよね・・・だから大好きなんです
マッキーがこの歌を歌うたびに、”マッキーありがとう・・・ありがとう・・・”って思っていました。
ある日は思うだけでは物足りず、拝んでいたらしいです
それを見た槇友さんと姉は”コイツ・・・マッキーに拝んでるよ・・・キモイ”と思ってたらしいです。
あはは~なんかこのときは夢中で気がつかないけど・・・確かにキモイ
でも、だって・・・拝みたくなるくらい素敵な曲なんだもん!!!
演出が凄かったですよね~!!私的にはBEST1かもしれない!!
蛍が飛び交うところとバンドメンバーさんに一人一人スポットライトが当たるところ。
歌だけじゃなくて演出に泣けました。
私にとっての蛍の光はマッキー。マッキーの飛ぶ方にいつもついていってる。
マッキーがいるから、生きてるんデスよぉ~~~(キモさ満載)
私はマッキーの小さな幸せのきっかけになりたいんデスよぉぉ~~~~~~(キモさ天才)
ともかく、この曲は私のバイブル的ソング。。。本当に大切です
マッキーありがとう・・・(拝み倒し(笑))

【MC】コンサート感想・出会いについて・みんなへ気持ちを込めて・・・

Taking The Central Course
Simple is the BEST!!!!!
一番は、マッキーと松本さんのピアノのみ
二番は、もうちょい誰かが参加してた・・・(誰かって誰だよ!!!)←逃げます。
なんでしょうか・・・・・・・・マッキーが心を込めてるのが分かる
マッキーの声がいいか悪いかが分かる曲でもあるんですけど、いつでもどんなコンディションだったとしても気持ちがガツンとやってきました。
♪悪く言われれば平気じゃない でもだからこそその痛みを胸に
 僕らは悪く言わないという生き方を選んでいこう
 祝福されないのは残念だけど だからこそ祝福すべきものを
 祝福しながら生きていこう そのために僕らは出会ったんだ
私もその”僕ら”に入れてもらっていいのでしょうか?
でも、私もそういう生き方をしたい・・・・本当に心からそう思った。
アルバムで初めて聴いた時は、「ん~ちょっと硬くて重いな」と思ってたんです・・・。
嫌いではないけど、ちょっとだけ説教みたいな感じがしてたんです。
コンサートで聴くたびに、Taking The Central Courseの良さを強く感じるようになってきてたんだけど
くしくもこの歌の・・・言葉の意味を深く共感できたのはコンサート最終日が終わった次の日だった。
自分の中でこういう出来事が起きたんです・・・。
まさにそうだなぁって今になって、Taking The Central Courseの深さを感じました
今、またマッキーの生声で聴くことができたら、ますます感動曲になること間違いないです・・・
演出としては、マッキーにピンスポが当たり、真っ直ぐ微動だにせず、前を向いて手を伸ばす姿が印象的。
あの姿が今でも脳裏に焼き付いています・・・。
マッキーの目線と姿が力強いんですよね
体中から歌声からマッキーの思いがヒシヒシと伝わってきてた気がします。
最後の♪ゆこぉ~~~~のところのマッキーがめちゃ好きですvvv
この曲も無意識に拝んでた気がするなぁ
ありがとう・・・マッキー。

Anywhere
いよいよ、長かったコンサート最後の曲。
はぁ・・・・・・・・これを持ってきましたか
マッキーなんでこんな素敵ソングを選出したのぉぉぉ
うますぎます・・・さすがプロ(プロだし・・・)
Taking The Central Courseからさら~っとAnywhereに移行するんですけど
曲調がAnywhereに変わった瞬間、今までとは違った感動が上がってくる感覚がありました
うまく表現できないんだけど、Taking The Central Courseで信念を持ったあとAnywhereで答えが見つかった感じがするんです・・・。
なんか陽が昇って、生きるべき道がすーっと通った感じ。
そう考えるとFirefly~僕は生きていくからつながってる気がしなくもないですね!!
マッキーの曲の中には槇原3段活用(←気になる方は今までの記事をご覧ください。)があるんだけど、これがまさに歌の1曲1曲で表現された気がします。
さすがプロですね・・・(だから、プロなんだって!)
♪君のいるその場所が 僕の生きていく場所だ
そのところで歌いながら、腰を低くして、会場全体を指すマッキーがすごく好きでした
あと、♪どんな辛さも幸せに変えながら生きていける
ここで、指で”辛”の文字を書き、会場を指したあと、一本線を増やして、”幸”という文字に変えるマッキー。
あれも最高だった・・・・・・・・ありがとう・・・マッキー
マッキーのいるその場所が 私の生きていく場所だ
マッキーのことを好きになって とにかく会いたいそれだけで
気付けばその日から 一日も休まずに通えたんだ(休んだけど。)
いつか、休まず(コンサート)通いたいですね!!!!
本当に最高!!!!!

歌が終わり、そのまま曲が流されたままメンバー紹介。
バンドメンバーさん、一人一人を紹介し、メンバーさんたちは舞台裏に帰って行きます。
初め方の公演は、一人一人舞台中央まで出てきて挨拶をして、舞台裏に行ってたんですよ。
でも、いつからか、メンバー紹介はスポットライトを当てるだけになってました。
そして、バンドメンバーさんを全員見送った後・・・・
最後はマッキー。
会場全体のボルテージも最高潮になり、拍手はマッキーをたたえるかのように会場全体が壊れんばかりの鳴りやまない大きな拍手に包まれます。
あの会場の雰囲気・・・思い出しても鳥肌と目頭が熱くなる・・・。
スクリーンには
Vocal
NORIYUKI MAKIHARA
の文字
マッキーのお辞儀に合わせて、文字もお辞儀をするんですよね
可愛かったなぁ
右へ左へ上へ真ん中へ・・・会場全体に一生懸命手を振り、時には投げキッス
終わるのを惜しむかのようにマッキーは、会場の声に答えます。
そして、満面のマッキースマイルのまま、左そでへ・・・・・・
それからアンコールへ続くのでした。。。。



前半はがっつり盛り上げ、後半ではしっかり泣かせ・・・
トータルで体の水分20%はなくなってますよ
脱水ですよ!!!!!!マッキーは水飲めるけど、会場は飲食・飲水禁止なんだぞ~
二部はほとんど立ったままで進むので結構体力必要で、特にあのテンションUPするゾーンはヤバかったんだけど
そんなこと忘れるくらい楽しかったです。
そして感動しました・・・。
最後はフラフラだけどね(笑)
でも、本当・・・最高マッキー最高大好きだーーーーー




2009-06-08 14:10 | カテゴリ:NORIYUKI MAKIHARA LONG DISTANCE DELIVERY TOUR 2009
”幸せ配達人”槇原敬之の
満面の天使の笑顔の掛け声とともに、流れだす第1曲目・・・

Dance with me
うわぁぁぁぁあ
待ちに待った1曲目”Dance with me”
ずっとコンサートで聴きたいなぁと思っていた曲だったので、初日聴いた時、はあはあ言ってました
落ち着け・・・・落ち着け自分
サビの♪Dance with me~のとこ、ずっと一緒に歌いたいって思ってたんですけど、他の方はそうでもなかったのかな?
私はいつも歌ってました。お近くの方で、うるさかったらスイマセン・・・
あとあと、♪お辞儀も忘れずに~のとこ、マッキーもお辞儀してたけど、私もちゃんとお辞儀してたよ
あれ、バンドメンバーさんもやってたんですよね!!
自分がお辞儀してたからちゃんと見れなかったけど、なんかマッキーもメンバーさんも可愛いvvvvv
Dance with meって、明るいし、一体感できる曲だから大好きです
曲調は明るいのに生と死までを歌う隠しテーマ満載の素敵ソング。
時々、泣いてました・・・こんなテンションあがるのにぃぃぃぃ
掴みとしてはばっちりですよね!!
会場のみんなも上がってたもん!!!!!
マッキーのコンサートがはじまり、コンサートが終わる時、お辞儀を忘れずに・・・
コンサート自体がDance with meみたいで、1曲目から総括してる気分でした~~~~!!
マッキー!!!私と踊って~

【MC】~あいさつ~

幸せはタイヤを穿いてやってくる
やってきた~~~~~~~~~~!!
槇原敬之という幸せはタイヤを穿いてないけどやってきた~~~~~~~~
タイヤ穿いてないくせにめっちゃ動き早い~時間過ぎるのも早い~
槇原敬之ジェット機並み~
(なんだこのテンション?)
も~ってくらいかわいいですよね!!
みんなが体験したことが一度はあるのではないでしょうか?
車の納車の幸せな気持ちが歌になるとはだれが思いますか!?
このことを歌にできるのは、Words & Musicの先駆者槇原敬之ならではだなぁ~といつも思います
さすが天才
マッキーが♪あ~しに穿いたのところで、足を前の方に上げて、手でぽんっと叩く仕草をすることがあったんですけどこれが可愛くて可愛くて!すごく好きだったなぁ、その振りをするマッキー!!!!
レアな話題としては、新潟1日目だけだと思うんですけど、マッキーが替え歌したんですよ!
♪この車に新潟(僕ら)の街を覚えさせに出かけよう♪って!!
これは私が行った公演では後にも先にも新潟初日のみ!!!新潟初日参加した人~ラッキー

WE LOVE YOU.
はぁ・・・・・・・・・・・もう、こちらこそWE LOVE YOU・・・。
というかこの曲は、マッキーから私たちって言うより、私たちからマッキーに捧げたいです
♪今ここにある何一つさえかけていたならばきっと この手の中の幸せはなかったと思う ありがとう
マッキーに・・・マッキーにありがとうって本当に言いたくなる
まさに、コンサート自体がそんな感じですよね。
マッキーをはじめ、バンドメンバーさん、スタッフさん・・・
そして、会場のファン&お客さんたち
その人たち誰一人かけてもこの幸せはなかったんだと思ったら、泣けてきて・・・
時々、それを感じては、一人泣いてたなぁ・・・。
特に新潟の2日目、槇友さんと素敵な出会いをしたので、思いっきりストレートに響いてきて
ずっと泣いてたわ。。。そういや。
ポップなのに、すごく泣かせる曲だと思うんだけど・・・私、WE LOVE YOU.大好きでし
あと、おもしろエピソードがある!4/19の東京公演。
歌が終わってから、男性の方が”WE LOVE MACKEY!!”って言いたかったのだろうに
なぜか”WE LOVE MICKEY!!”と叫んでしまった
マッキー、反応しそうだったのに、「え?」って感じで一瞬うろたえてたのが面白かったなぁ!!
確かに、ミッキーも好きだ!!でも、マッキーの方がいいぞ
男性の方、ナイスです

君の後ろ姿
この曲のイントロが流れ出すと、会場自体がぶわ~っと”待ってました”的な空気とみんなの目がキラキラしだすように思えたのは私だけでしょうか?
「きゃ~!」「わ~!!」「この歌好き!」そんな感嘆の声がところどころ発せられてました。
マッキー!この曲、みんなに好かれてまっせ(いやいや、マッキーの曲はみんな好きですけど
歌詞内容が、みんなばっちり合うんでしょうね!いつかは経験してるはずですもん。こんな片思い・・・。
私だって18年間そんなもんです。
マッキーの背中ばっかり追いかけて・・・疑いようもなく、笑ってしまうくらい、どうしようもないくらい片思いです
マッキーだって、一度も振り返ったことなんてない~♪
マジで・・・・・・・・・・・・・・・・・。。。。
でも、私、振り返ったら逃げる~(笑)でも振り返ってほしい~(どっちだよ!)
ともかく、マッキーの後ろ姿を見送る時だけマッキーに恋してる僕でいられるんです
この曲は演出が美しかったですね~!!
全体にほのかなピンク色。まさに淡い恋心を表現しているのでしょうね
そして、途中桜の花びらが舞い散るような演出
あれ、心が揺さぶられました!!!!!!!!
めっちゃ綺麗だったなぁ・・・

PLEASURE
おお!!すげー選曲!!!!!
どういう心境で、マッキーがこれを選んだのかちょっと聞いてみたい①です。
うちの姉は「私がこれ好きだって、言ってたからマッキーが選んでくれたんだわ!!」そう言っておりました・・・笑ってしまうくらい勘違いです
PLEASUREは、今までの空気をガツンと変えてきましたよね
何と言うか、力強いんですよねvvv歌自体にも強さを感じるし。
あと、演出!!!
君の後ろ姿がピンク基調で淡かったぶん、PLEASUREは赤や白・黒と原色でガツンですよ
(来た・・・うまく表現できないがための擬音表現”ガツン”)
照明が落とされたり、後ろから白いライトがバンっと当たるとマッキーのシルエットだけが出て
赤いライトでマッキーが照らされたり・・・・・・
あぁぁぁ~ん。朝陽的には萌えまくりなんです・・・。
何と言うか、マッキーめっちゃ男っぽくてかっこいいんだもん
前のコンサート(LIVE IN DOWNTOWN)でいうと店じまい~Naked的な・・・あそこは萌え度高い!!
しかも・・・ここからは妄想なんで「はいはい」でスルーしてください。
マッキーは暗転から赤いライトで照らされていくとき、横目でちらりと見るっていうか・・・
この曲で目が合う機会が多い私。だからいつも悶えてた
時には泣いた・・・(なんで?)
ともかく!!これはマッキーがかっこいいんですぅぅぅぅ

【MC】~メンバー紹介・ぶらり♪ぶらりんこ♪ぶらり・クレモンティーヌさんetc~

Chocolats et Sweets
私的にはツボソングなんです・・・。
これは擬人歌マッキーの言葉で”チョコレート目線の歌”
チョコレートが歌ってると思ったら、可愛いでしょ?って言ってた。うんうん!!可愛いvvv
そんな話をしたせいか・・・マッキーがこれをやり始めたのは福岡と記憶しています。
♪あのショコラって歌うところでマッキーったら、何を思ったか自分を指さすんですよ!!!!!
うは~マッキー自分のことショコラだって言ってる
その仕草があまりにも可愛くって、福岡に一緒に参加した槇友さんとキャッキャッと嬉しがってたら
マッキーったら、もっともっとやるんですよね~!!
それ以来、それが見たくて見たくて!!!一番やったのは福岡。
福岡以外は、最後にぽっとやるくらいになっちゃって・・・
その仕草をやるマッキーは異様にかわいかった!!!時々やってくれるとなぜか嬉しくて、小さく”うきゃーーー”って叫んでた私。
ワタクシ、あのマッキーの仕草を命名しました、”俺、ショコラ”
マッキーはショコラのように甘く溶ける歌声でこの歌を歌う・・・。そう、マッキーそのものがショコラなのです
ぶらりんこが始まってから、MCからの流れがうまくいかないこと多かったよね!(ぶらりんこがおもしろすぎて・・・)
4/19東京で舞台に倒れこんだのもこの曲でした!!あ~あれは最高だった
5/6・7はクレモンティーヌさんもいらしてくれて、マッキーと溶け合った甘い歌声に酔いしれました

【MC】~素直秘話~

素直
前のMCから、この曲に行きますよね!!!
マッキーは舞台にある台に腰かけて歌います
照明は暗めで、マッキーにピンスポ。
そして、松本圭司さんのピアノのみというシンプルな演奏。
シンプルだからこそ、心に響きますよね・・・・・・。
ピアノとマッキーの声だけなんで、本当に沁み渡るんですよね。
まさに、バンホーテンココアを飲んで、ホッとしているときのような
マッキー温泉に入ってるような気分でしたよ!!本当に。
会場がぽかぽか優しい空気に包まれて、傷ついた心を癒すようでした・・・。
客席のあちらこちらからすすり泣く声が聴こえてきましたもん
みんなの心を動かしてるのが手に取るように分かった
シンプルシンプル連発するけど、本当にマッキーの声が綺麗すぎてやばいんだって!!!!
(そんな力説しなくても知ってるか!!)
・・・また、妄想していいですか。あいことばは「ハイハイ」でお願いします。
たぶん前列の人だと経験してるかもしれませんが、素直の時、マッキー座っちゃうから、モニターで見えなくなることがあるんですよね。
実は私も今回、前方席を経験させていただきました。
端の方だったんですけど、ちょうどモニターが邪魔で見えなくて(邪魔とか言わない!)、どっちにずれたら見えるかそわそわしてたら、マッキーちょっとずれて、見える場所に移動してくれたんですぅ~
マッキーの優しさと愛を感じました(はい、皆さんご一緒に~”ハイハイ”)

Love was sleeping.
・・・・・・・・・。
ごめん・・・・・・。
私、マッキー絶対この歌歌えないと思ってたの。
だって、これはゆんちゃんの歌でしょ?
2番の歌詞なんて、情景浮かべば、ゆんちゃんとマッキーの顔しか浮かばない。
”悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。”このアルバムが出て、今回はコンサートツアーはやらないってマッキーが言ってた時
私たちの勝手な見解だけども、マッキーがコンサートで気丈に歌えないから、コンサートはやらないんじゃなくて、心理的なところでできないんじゃないかと思ってました。
今回3年ぶりにコンサートツアーをやったわけですが、絶対Love was sleeping.だけは歌わないだろうと思ってたのに。
♪チャラランっていうイントロだけで、無条件に涙が出ます。パブロフの犬状態です。
きっと、マッキーも歌ってる間ゆんちゃんのこと思ってるのかな?と思ったんだけど、マッキーは一度も涙を見せることはなく歌いこなした。
これが、プロなんだなぁとマッキーのプロ根性を見た気がしました。すごいよ・・・
でも、間奏中に見せる険しい表情は見逃せませんでした・・・マッキー、頑張ってたでしょ?
私が書いたこの曲の感想はあくまでも私の見解です。マッキーはどう思ってるのかは分からない・・・
一つ言えるとしたら・・・マッキーよく頑張った!!(超上目線)
ゆんちゃん・・・パパ頑張ってるよ!!ゆんちゃんのこと今でもずっとずっと愛してくれてるよ!!!
はぁ・・・・・・泣ける・・・


歌い終え、マッキーは左側そでに歩いて行きます。
しっかり前を向いて・・・。

15分の休憩に入るんですが、私はこの時間呆然としてることが多かった・・・。
何と言うか、最後のLove was sleeping.に相当なダメージをくらってました。
でも、この曲順でよかった。
Love was sleeping.が中間とかにあったら、絶対気持ちのリセットできない。
密かにマッキー自身の気持ちのリセットもこの休憩中やってたんじゃないかなぁなんて思ってました。
話は変わって、会場レポ
BGMは松本さんとTomi Yoさんの曲♪天井にはLONG DISTANCE DELIVERY TOURのロゴがぐるぐる回ってたっス。
1部の余韻に浸るあっという間の15分間なのでした。

以上!!1部レポ終了!!!!!
2部に続きます
2009-06-08 08:15 | カテゴリ:NORIYUKI MAKIHARA LONG DISTANCE DELIVERY TOUR 2009
Long Distance Delivery tourが無事千秋楽を迎えて、一週間が過ぎました。
ずっとずっと私の中では何回も何回も反芻していたコンサートツアー総集編を書くお時間です。
お待たせしました(待ってねーし
セットリストにそって、今回のマッキーのコンサートを振り返って行きたいと思います
これから、書くことは相当長く・読む方には根気のいる作業と思われますので
あまり無理をなさいませんようお願いいたします。
また、内容は私の主観的感想が主ですので、おかしい場合はスルーお願いします
では・・・いっちょ参りましょう

NORIYUKI MAKIHARA LONG DISTANCE DELIVERY TOUR 2009

・・・とセットリストに入る前に、オープニングから行きましょう!
会場は、洒落た音楽が流され、みんなが席に着くのを穏やかに誘導するような心地いい曲
これは、ピアノの松本圭司さんが作ったものとギターのTomi Yoさんのグループ、マルコフ チェイン モンテカルロの曲だったんですね~。
私、マッキーが作ったんだとばかり思ってました。
そんなこんなでワクワクドキドキの会場内に
”ブーーーー”
会場内に響き渡るベルの音。それに沸き起こる拍手
ざわついていた会場の空気がこの瞬間、びしっと固まるんですよね。
緊張が走る感じ
どの会場でも同じ空気が流れてましたvvv
それだけみんなが楽しみにしてるってことですよね
拍手が鳴りや待ったと同時に、綺麗な鈴の音(鈴なのか?)が流れ始めます。
マッキー・バンドメンバーの皆さんからの恒例のごあいさつ
マッキーが初めに
「本日はNoriyuki Makihara Long Distance Delivery tour 2009にお越しくださいました!
誠にありがとうございまぁす。会場のご案内ならびに注意事項を申し上げまぁす!」
だったかな???(うろ覚え)
このナレーションの”まぁす”にくすくす笑ってる人多かったです~
マッキー、つかみはOK
あとは、バンドメンバーさんのナレーション。
真理恵さんのくらいしかわからないのですが、真理恵さんお茶目でしたよねぇ
外国人風しゃべりで「コノコウエンハイチブトニブニワカレテオリマ~ス」
ふふふ。LIVE IN DOWNTOWNで一時期はやったよね!外国人風しゃべり
なんか、3年前のことだけど、忘れないでいてくれた感じがすごく嬉しかったなぁ
男性陣のナレーションは、どれがどの方なのか分かりません・・・ごめんなさーーーい!!
途中、すごくダークで録音とかの注意点のやつだったかな?怖かったんだけど。あれは豪太さんかしら?それか有賀さんかな?
加工されてた声の人もいたねぇ~!!
あれは・・・松本さん?いや~秋山さん?Tomi Yoさんかも・・・はたまた・・・石成さんだったり??
そんな感じです(はい、逃げた!)

注意事項のナレーションが終了後、またしばらく、松本圭司さんとTomi Yoさんのお2人がそれぞれ作った曲が会場内に流れ、マッキーやメンバーさんがステージに現れるまでまで緊張を癒してくれてました

音楽が鳴りやみ
照明が落とされた瞬間!!
オープニングの曲と共に舞台のスクリーンに映し出される
NORIYUKI MAKIHARAとWORDS & MUSICの文字
ホント、初めて見たときは、マッキー事務所の宣伝?と思ってたんだけど
これが今回のコンサートのテーマだったんですね
ポップな音楽とスクリーンの絵にワクワク度もUP
オープニング中、クラップは各会場やっていたと思うんですが、実は初日市原はなかったんです。
ノリノリだし、私はやりたくてうずうずして、足を叩いてたんだけど。
きっと、会場のファンのみんなも緊張してるし、じっくりオープニングを見たかったのかもしれません。
私が印象的だったのスクリーンの絵は、各地の名前CHIBAからOKINAWAまで順番で流れていくところ。
あれを見るたびに「まだまだ、先は長いぞ!」「おお!今日はここだな!」「もう半分来たんだ!」「終盤だなぁ・・・」「今日が最後・・・」ってな具合で地名が流れるのを感慨深く眺めていました
特に終盤、最終に近づくにつれ、今まで行った会場での思い出がばーっと流れていくんです。
沖縄最終日はオープニング見ながら泣いたなぁ
オープニングが流れる途中でバンドメンバーさんは左そでからやってくるんですが
みんな楽しそうにクラップしながら入ってきたりする中、なぜか有賀さんだけはめっちゃハイスピードでかけてくるのが超おもしろかったなぁ。
ありがっちょ!最高だぞぃ
そして、そして・・・
マッキーのデビュー年数から年号みたいなものが映し出され・・・

2009 NORIYUKI MAKIHARA  LONG DISTANCE DELIVERY TOUR
とタイピングされている途中からマッキー!!!!!!!!
マッキーの登場ですぅぅぅ
はうはう・・・!!ぎゃああああー(うるせぇ。)
満面の笑顔で曲に合わせて手拍子をしながら、かろやかにやってくるマッキー
なんというかね、もう、みんなこのときは曲に合わせてなんてできてなかったですね。
”わ~~””きゃ~~~””マッキー!!!”の嵐。
センターにマッキーが到着したら・・・
マッキーにパッとスポットライト当たると同時に

「ハイっっ」(ハイとかヘイとかそんな掛け声が多かった)と元気よく言うマッキー



と・・・オープニングが超長かったので、ここでしばしブレイクということで。
じらすね~~~じらすよ~~~~
では続きましての1部は来年ということで(嘘)

NORIYUKI MAKIHARA
LONG DISTANCE DELIVERY TOUR 2009セットリスト

【一部】
Dance with me
幸せはタイヤを穿いてやってくる
WE LOVE YOU.
君の後ろ姿
PLEASURE
Chocolats et Sweets
素直
Love was sleeping.

【二部】
Orange Colored Sky
Hey...
LOTUS IN THE DIRT
つま先立ちで(笑)
GREEN DAYS
僕の今いる夜は
世界に一つだけの花
Firefly~僕は生きていく
Taking The Central Course
Anywhere

【アンコール】
Circle of Rainbow
The Average Man Keeps Walking

【Wアンコール】
君は僕の宝物
ANSWER
(5/7~各地で日替わり)

【沖縄最終日アンコール】
Hello, my friend.(松任谷由美カヴァー)
どんなときも。(スコット・マーフィーさんVer.)