2014-01-16 19:20 | カテゴリ:槇原敬之DARLING
Long Distance Delivery tourの最後の曲が
The Average Man Keeps Walkingでしたね~。

コンサートが終わるといつも切なくて
マッキーに会える日々が終わる寂しさでいっぱいだったけど
The Average Man Keeps Walkingが最後だったコンサートは、毎回前向きに帰れてました。
マッキーがThe Average Man Keeps Walkingを歌う前に
「ここ(会場)の扉を出ても魔法にかかった日々が待ってるから!」
みたいな(うろ覚え)ことを言っていたのもあるのかもしれないです。
私的解釈で、マッキーは“コンサー終わったからって悲しまないで!あなたの毎日はもっと素晴らしいから。大丈夫!”ってエールが込められていたのかなぁと思ってます。

なんだかこの曲を聴くと、凄くホッとするし、ちょっと前向きになれる。
頑張れ~!ってただ言うんじゃなくて
あなたの人生、あなたの歩幅で歩いたらいいさ♪
って優しい声が聴こえてくるんです。

優しくて、寄り添ってくれ、そっと背中を押してくれる
The Average Man Keeps Walking…
大好きです。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://nmlovelyplace0518.blog72.fc2.com/tb.php/4326-75b9aa81