2014-09-25 00:52 | カテゴリ:EACH OTHER
昨日、マッキーのDVDを買いに行ったお店
BOOK、CD、DVD、ゲームの販売・レンタルのお店だったけど
明らかに音楽CD、DVDの取り扱いのスペースが小さかった。

土地柄とかも関係するのかもしれないけど
音楽業界の厳しさと変化を感じました。

今はネットで買ったり、ダウンロードしたりするほうが楽だし、早いですよね。
確かにいいけど、昔の感覚がある私にはちょっと切ない。

マッキーの新しいCDが出ると分かると早速CD屋さんへGO!
予約票に書いて、半券を大事に持って
(CD屋さんによって半券が凝ってたりするとこもあるんですよね!マッキーの写真付きとか♪そんな時は嬉しかったな☆)
フラゲ出来る火曜日に買いに行く。
店頭で新しいCDを手にした嬉しさ
あれはもう幸せの極みじゃないでしょうか?
お店のディスプレイとかポップを見たりするのもオツですよね!

そんなお店がいろんなところにあったのに…
今は本当に限られています。

先日はマッキーのDVD取り扱いなしと言われて
「え!?大御所の槇原が!??」と怒りそうになりましたが、そっと心に押し込めました。

恥ずかしいから、その怒りは表に出すな!
という槇原様からの声が聴こえます。
↑イタ(い)コ朝陽


マッキーがコンサートの時
ジャケ買いの話してたけど、私はさすがにジャケ買いはしたことない。
今は、YouTubeとかでチラ聴きしたり、視聴して、ポチッとダウンロードできますから
逆に手軽に色々聴けるかもしんないけど、アルバムとかでまとめ聴きしないとそのアーティストの本質を知れなかったりするじゃないですか?
そこはもったいないですよね。
いや!でも、突破口にはなるかもしれないから悪くはないか~。

と…脱線しましたが
時代が流れれば、変わりますよね。
変わるのは切なかったりしますけど
色んな形があっていいと思います。
本質が変わらなければ!!


うだうだ語る前にDVD買ってね!
という槇原様からの声が聴こえます。
↑イタ(い)コ朝陽(笑)
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://nmlovelyplace0518.blog72.fc2.com/tb.php/4618-2022c4a3