2016-12-23 00:05 | カテゴリ:“太陽”…じゃなくて星野源“SUN”
これは、逃げ恥の沼田さんが言った言葉です。
…まだ逃げ恥(笑)
マッキーDAYSってなんだよ!?って話ですが
それはスルーします。
(逃げるは恥だが役に立つ…?)

逃げ恥を観てると
ただのラブコメではないなぁと思う。

私は評論家でもないので、うまく言えないけど
恋や愛とかじゃなくて、みんなが抱えてる苦悩みたいなのをそれぞれのキャラクターが抱えてて
それを描くことによって、それぞれ幸せになる道が必ずあるよ。
世間が言う普通とかしがらみとか壁とかルールとか縛られてる何かとかそんなの超えてしまえ!
というエールみたいなのを感じます。

主人公のみくりちゃん
就職難から自分が社会から必要とされない感じを受け
そんな中、平匡さんに必要とされることで満たされていき…。
でもずっと心に残ってた“小賢しい”という呪縛。
それをたった一言で解いてくれた王子平匡さん。
最終回の神社のシーンはみくりちゃんのモノローグ全然ないけど
“ありがとう…大好き…”
あんなに心のこもったありがとうと大好き聴いたことないくらいに胸に響く。

プロの独身、平匡さん
みくりの登場で今までの平穏な日々がジェットコースターのように動いていきます。
年齢=恋愛経験なし
童貞とか童貞じゃないとか
別にそんなこと競うこともないけど、そんなこと言えない…。
童貞、経験がないというと引かれたりすることもありますよね。
だから、プロの独身を貫こうとしてたけど、愛を知った彼は最終回凄いいい男になりました!
王子平匡さんが誕生したのは、プリンセスみくりちゃんと周りにいる仲間たちがいたからですね!!

キャリアウーマン高齢処女の百合ちゃん
基本、かっこよくて強い女性でしたが、女性という世間の常識に苦しめられてましたね。
社会から必要とされてはいるけど、独身であることを指差されたり
本部長に直談判して、陰で批判されて…風見さんの優しさに触れた時の涙。
私はキャリアウーマンではないけど、1人で生きる女性としては百合ちゃんはキラキラしてて、でも悩んでて…
気持ちは1番共感できるかも!
最後は自分を本気で愛してくれる人と結ばれてよかった。

ハイスペックイケメンの風見さん
肩書きだけだと、非の打ち所がないですけど…
彼は彼なりにイケメンという枠に嵌められて恋愛や結婚に価値を見出せなくなっていました。
見た目で色んな女性が寄ってきて
本当に人を愛することの素晴らしさとかが感じられなかったから
あんな風にクールになっちゃったんでしょうね。
偏見やイメージを持たず、フラットに付き合ってくれるみくりちゃんや百合ちゃん。
本物の愛の形を感じたんだと思います。
百合ちゃんと出会えてよかった!

ゲイの沼田さん
セクシャルマイノリティは、最近世間では受け入れられたり、理解する人も増えたけど
その一方で言えないという人もたくさんいると思います。
最後、沼田さんと会うことができたナツキくんもカミングアウトする勇気はないと言ってましたね。
沼田頼綱は沼田頼綱という生き物だから
そういう言葉がありました。
そうですよね!
その人が何であろうとその人はその人。
ちゃんとその人を見ようね!!

家族思いの日野さん
私的にはこのドラマの緩衝材みたいな役割だったと思います。
一般的な人代表みたいな…
というと…私が偏見持ってんだなぁ…と反省するわ。
お調子者で見当違いのことも言うけど、みんなのことが本当に好きで家族のこと愛してて
可愛らしい人だなぁ~と思いました。
平匡さんもナンダカンダで(笑)
日野さんのこと大好きですよね!!

バツイチシングルマザーのやっさん
世間にも多いと思われます。
シングルマザー…。
仕事をしながら1人で子育て
絶対大変なのに、世間からは「シングルマザー…」ってなること多いですよね。
風当たりは強いと思います。
そんな中でもひらりちゃんを幸せにするために実家の八百安を切り盛りしたり、友達の相談に乗ったり(笑)
みくりちゃんとのシーンはいい友達だなぁ~とひしひしと感じました。



ザッとこんなものでしょうか?
他にも柚ちゃんは帰国子女というレッテルに苦しんでたり…田島さんはシングルファーザーとか

世間に溢れてる悩みや問題が散りばめられてて
登場人物たちは悩み落ち込みながら、時には逃げても毎日を精一杯生きてました。

レッテルやしがらみや壁を
ひとりだったり、みんなでだったり
助け合いながら超えてました。


ぱっと見
ただのムズキュンラブコメか?
と思いきや
社会派のほうが大きかったんじゃないかな…
最終回は特に考えさせられた。

生きるのは面倒
面倒だけどみんな生きてる
悩んだり、逃げたり、泣いたりしながら立ち向かってる。

フィクションだけど、フィクションだからこそそんなに重くなく視聴者に問いかけることができて、心に残りやすかったんだと思います。

たかがドラマ、されどドラマ

私は、「逃げるは恥だが役に立つ」のドラマに出会えて、最初からちゃんと見れて幸せです!!
私は弱々だからほとんど逃げてる気がするけど(汗)
ドラマから受け取ったメッセージを胸に一歩一歩も歩いていこうと思います。

今一度…言わせてください。
新垣結衣さん
星野源さん
をはじめとするキャストの皆さん!
チーム逃げ恥のスタッフの皆さん!
本当に素敵な作品を届けてくれてありがとうございました!!
感謝してもしてもしきれません!!
“逃げ恥”は永遠です!!!


今日の幸せ♬*:♬♪゚・:,。♬o。*:..♬♬.:*:・♪
私の心の支え…逃げ恥!感謝!!
え?マッキーは!!?
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://nmlovelyplace0518.blog72.fc2.com/tb.php/5574-6bb1b34b